やっと梅雨明けとなりました信州上田...

しかし、夕方からは相変わらず雲が流れてきて

星空もおあずけの毎日を過ごしています...

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
20160615_M51-M63_Map


紆余曲折ありましたが、

ついに5階まで階段を登りきり、天体観測室の扉を開けて...

「 あの〜入部したいんですが〜 」と・・・・

うすうす入部を感じていたメンバーたちなので、その答えは〜

「 やっぱり来たか〜 」と、あっさりしたもんでした...

地学部天文班のメンバーは、2年生 4名..1年生 11名
 
3年生はすでに引退し、受験モードでピリピリとしている中、

たまたま息抜きに来ていた3年の O先輩... 私の名前を聞くなり

「 おっ!! おまえの兄貴には世話になったから、たっぷりと礼をしてやるぞ〜〜 」と

 「 え〜〜... 」 この人には、できるだけ近寄らないほうが安全なようだ・・・

この先輩、昼は壁に向かってテニスのラケットを振り、

あるときは、壁に向かってボールを投げ、1人キャッチボールをしている..

夜の観測は一緒にしたことはないのだが、その行動は謎の先輩である..

兄貴からの情報によると、中学生の頃から文化祭にあらわれて

当時の天文班メンバーに、かなり突っ込んだ質問をあびせ悦に入るといった

なかなかの天文小僧だったようだ...

現在、N大学で量子物理学の教鞭をとっているが、自分の研究室のホームページに

〇〇組とやくざのような名前をつけ、学生の真ん中でなぜかテニスラケットを

もって「ウヒヒ..」と笑っている写真を載せている...

何十年経っても謎な先輩である...

20160506_M51
                    ( りょうけん座 M51 子持ち銀河 )

天文班は、「太陽」「月」「惑星」「星雲星団」「流星・流星塵」「変光星」

「人工天体 (人工衛星) 」等、それぞれ自分たちの興味のある分野について

観測しデータをまとめて文化祭で発表するといった活動をしている。

「太陽」は、2年生の N先輩がメインで、毎日昼休みに太陽黒点の継続観測、

そして、そのスケッチをとり毎日の変化をまとめている。

他の部員も、弁当は観測室に集まって食べているので、この観測には

毎日参加している... 

今では、デジタルカメラで比較的簡単に撮影できるが、

当時は、「太陽黒点・惑星・星雲星団」などは、スケッチがメインであり

ある程度の画才がないと、思わぬ傑作スケッチとなった...

私も、この傑作スケッチ作成者なので、スケッチの必要がない

「流星」観測をメインに活動することとなったのである〜



星空案内人への道のりは、まだまだ遠い

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

20160506_M63
                              (りょうけん座 M63 ひまわり銀河)
 
今日の写真は、りょうけん座にある M51 子持ち銀河と
M63 ひまわり銀河です。
北斗七星の柄の先の星から南西よりにM51、さらに南にM63が
あります。暗い場所では、双眼鏡でもボ〜ッと確認できると
思います。お近くの天文台や科学館で観望会があれば
望遠鏡での観望も可能だと思います。