南から、梅雨入りの声が聞こえる今日この頃、

修行よりやっと戻ってきた星空案内人...

月が小さくなる頃には、雲が多くなるという

負のスパイラルにはまっています...

**********************************************************************************

20180604_photo

 
スタジオ裏の田んぼも、少しずつ田植えが進んでいます。

この時期、学校関係の撮影をしているスタジオは、 

 修学旅行の同行撮影など忙しく過ごしています。

と、言うことで... ふと自分の修学旅行を思い出してみると...

高校時代の修学旅行は、受験期をさけるため2年生の時に

おこなわれました。

一般的には、学年全員が同じ場所に行くのが修学旅行だと

思いますが、古川高校はちょっと違っていました。

日数は2泊3日、予算は当然皆同じ...しかし、目的地に関しては

クラスごとに自由...つまり、各クラス行き先が全く違う場所...

それぞれのクラスで、行き先を決めルートを調べ旅行社と

打ち合わせをして、切符及び宿泊先の手配 をする。

自主的に全て計画して実行せよ !! という学校方針でした。

また、集合場所と集合時間を決定し、あとは班(5~6人)ごとに

さらに細かい行き先と目的を決めての自由行動...

付き添いは、担任と副担任の2名のみ...

田舎者の高校生とはいえ、血気盛んの17歳男子校生を

野放しにするので、先生達も勇気があるなぁといまさら思います。

新幹線のなかった時代ですので、2泊3日の日数で行ける場所は

当然限られてしまいます...北は青森...南は鎌倉....

 田舎者の我々は、もちろん東京方面に決定 !!

1日目は移動時間のみとなるため、 東京入りで終了 !!

2日目だけ自由行動となるのです 

夕方までには、2日目の宿泊地に房総半島なるホテルへ

入らなくてはならない... 

その中で、自分たちが設定した目的を達成して

帰校後、報告書を提出...

とにかく、簡単な目的を設定しておいて、

おもいきり羽根をのばそうとしていた私たちの班は

目的に「 都会の女子高生と一緒に記念写真を撮ろう !! 」を掲げ

計画実行とあいなりました... しかし、現実は甘くない !!

都内で、次々と断られ...早々に千葉県入り...

千葉なら、都会ではないから女子高生も優しいだろうと

 安易な発想をして、とりあえあず下調べしていた

佐原に移動して船下りを楽しもう〜

東北弁丸出しの兄ちゃん達は、なぜか船頭のおばちゃんに

カワイがられて、気をよくした勢いのまま佐原の駅前で

再び目的達成のため、一緒に撮影をしてくれそうな

都会の女子高生をスカウトしまくったのだが・・・・

みごとに撃沈 !!

自らのレベルの低さを実感したのであった〜

まあ、田舎にいてもたいして変わらないのだが・・・・

そして修学旅行の報告書は、目的を達成できなかった

反省文となったのであった〜

******************************************************************

「 現在のベランダ天文台 」

経緯台から赤道儀にちょっと進化しました...

月のない晴天を待っています !!

20180604_撮影機材